アイリストとは

求人情報誌や求人サイトを見ていると、アイリストという職業の募集が出ていることがあります。

アイリストというのは、目元のケアを行うプロのことです。

まつ毛エクステやまつ毛パーマなどの施術をする人のことで、資格がないとできません。

アイリストとして仕事をする場合、美容師の国家資格が必要です。

まつ毛をきれいにするだけなのに美容師の資格が要るのかと驚く人が多いですが、資格がない人が施術するのは認められていません。

まつ毛をビューラーでカールしたり、マスカラを塗るのは自分でもできますが、毎日しなければ保てないのが不便ですね。

ビューラーやマスカラを使わなくても目元がはっきりするのがまつ毛パーマやまつ毛エクステです。

これは薬剤を使ってまつ毛をカールしたり植毛したりするので、専門の知識と資格がないとできないのです。

◆◆◆お役立ちリンク・・・>失敗しないアイリストの求人

アイリストはどういったところで活躍しているかというと、美容サロンが中心です。

美容師ほど目立った存在ではありませんが、最近ではまつ毛エクステやまつ毛パーマをする人が増えているので、施術できる専門家も増えつつあります。

アイリストになるには、まず美容師の資格を取得することです。

美容師になるには、高校卒業後に美容師の専門学校に進みます。

専門学校を卒業する時に資格試験を受け、合格すれば美容師免許が得られます。

アイリストの技術を習得するには、美容サロンなどに就職してからになります。

美容学校ではヘアメイクの指導が中心になるので仕方がありません。